Blog 加納 敏彦 オフィシャルブログ

お申し込み受付中

HOME // 加納 敏彦 オフィシャルブログ // 【1章 備える】に役立ちそうな記事(中級)

Blog 加納 敏彦 オフィシャルブログ

CATEGORY

  『3分でわかる!お金「超」入門』 お金 ビジネス マネースクールKMS

【1章 備える】に役立ちそうな記事(中級)

「緊急事態宣言」で株価はさらに上昇!そのあまりにも単純な理由とは?


 
2021年の経済はどうなるのでしょうか?
気になっている人も多いのではないでしょうか?




私のスタンスは「もはや誰にもわからない」です。
今の経済は、人類が未だ経験したいことがない、

つまり「未体験ゾーン」に突入しています。

私の考えに近い記事を見つけたので、シェアします。(この方は知りません)

逆の意見もありますので、鵜呑みにしてほしくないですが、参考までにシェアします。

話はやや難しいので「中級」としました。

 

「緊急事態宣言」で株価はさらに上昇!そのあまりにも単純な理由とは?
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamadajun/20210107-00216492/
以下、ポイントを抜粋します。

じつは、現在の資本主義はかっての資本主義とまったく違っている。まさに、金融資本主義で、バブルは政府と中央銀行がつくる。経済学のテキストだと、バブルは市場の過熱で生まれるが、それは昔の話。もはや「景気循環」は起こらない。いまは、株価の下落を防ぐために、政府と中央銀行が緩和に乗り出し、バブル崩壊を次のバブルで防ぐという「バブル循環」になっている。

いまの「株価上昇=株価バブル」を説明できる理屈は、たった一つしかない。それは、じつに単純で《おカネの量=マネーストック(マネーサプライ)がモノの値段を決める》ということ。これだけだ。

では、この株価バブルはいつまで続くのか?


それは誰にもわからない。いくらなんでも、このまま中央銀行がマネーを刷り続ければ、必ず限界がくる。貨幣価値が下落し、インフレ、それも制御できないほどのインフレになる可能性がある。
(抜粋、終わり)
反対の意見もありますが、こうなる可能性は想定しておくことをオススメします。 

では、どうしたらいいのか?
それを『3分でわかる!お金「超」入門』の1章「ピンチのときのお金の備え方」に書いています。

まだ読んでいない方は、ぜひ読んでくださいね。

備えておかないと、ホントにシャレにならなくなる予感がしています。

 

ブログ一覧